運のいい人と付き合うことで運気が上がる

社長の運が経営を左右する

小さな会社にとって、社長の運気はとても大事になります。

なぜなら、社長の運がそのまま、
業績に影響を与えたりするからです。

人の持つ運は、基本的に、その人個人にしか影響を与えることはありません。
しかし問題なのは、その人の持つ影響力です。

専業主婦だとしたら、影響力が大きくないのでその人の持つ運の影響範囲は狭くなります。
しかし、これが経営者だったら、会社やその従業員に、さらには、取引先に影響を及ぼします。

会社の業績は社長の運に影響される

もし、経営者の運が最悪だったとすれば、他の社員がいくら頑張っても、会社が倒産するようなことも起きてくるのです。

会社や会社のような団体の場合の運気は、その集合体全体の運気となります。
たとえば、金運がいい人が全員そろった会社は、やはり金回りが良くなります。

反対に、金運が悪い人ばかりがそろった会社は、資金繰りが悪化します。

集団の運気いうのは、個人の運の集合体なのです。
もちろん、全員の運気が均等に影響するわけではありません。

社長の運が一番大きな影響をその会社に与えます。
会社の役職が高くなればなるほど、会社の運に与える影響が大きくなるのです。

つまり、会社の業績は、社長の運に最も影響され、一般社員の人は、その運の波に翻弄されるということです。

特に小さな会社の運というのは、社長の運気にかなり大きく依存することになります。

社長の運気の悪い時には、考えることがことごとく失敗したりします。
逆に、運気の良い時には、何もしていないのになぜか、お客さんが溢れかえったりします。

だから、小さな会社の社長は、少しでも運気をよくする努力をし続ける必要があるのです。
そして運気は、誰でも意識的に良くすることができます。

この方法を知っているかどうかで、数年後の未来が劇的に変わります。

運の基本法則

運の基本法則は、運のいい人と一緒にいると、運がよくなっていくし、運の悪い人と一緒にいると確実に運が悪くなります。

そして、誰とでも仲良く付き合うということは、それらの人の平均的な運気になるのです。
あなたの、交友関係や人間関係を一度見直してみてください。

もしかしたら、そこに、あなたの足を引っ張っている人が存在しているかもしれません。

そういう人とは、なるべく遠ざかったほうが、運気が良くなるし、物事がなぜか、うまく運ぶようになります。
交友関係は、一度ぜひ見直してみることをお勧めします。

運気というのは、根本的な事を言えば、

上昇しているのか?
下降しているのか?
または、平衡状態なのか?
この3つです。

運気が上昇しているときは、物事がだんだんうまくいくようになります。
運気が下降しているときは、だんだんうまくいかなくなります。

平衡状態のときは、何をやっても結果が出ず変化が起きません。

この3つが振り子のように行き来します。

上昇すると平衡し、下降を始めます。
下降すると平衡し、上昇を始めます。

運気というのは、この繰り返しなのです。

慎重に人間関係をコントロールする

自分の運を良くしたいのであれば、なるべく運のいい人と付き合うことです。
そうすることで、自分の運気を他人の運気で補うことができるようになるのです。

つまり誰と付き合うかが、成功のカギと言ってもいいのです。

一度自分の運気を見直してみてください。
交友関係も、もう一度見直してください。

そして、今、運の悪い人とは、少し距離を取るようにするのです。
もちろん、関係を完全に断つ必要はありません。
距離を取るだけで十分です。つまり、その人の影響範囲から離れるのです。

運というのは、上昇と下降が循環しますので、今後もずっと今の状態が続くものでもないからです。
その相手の運気が上昇し始めたらまた近づけばいいのです。

こうすることで、自分の運の補強をすることができます。

特に小さな会社の社長は、自分の運気がそのまま経営状態に直結しているので、慎重に人間関係をコントロールすることが経営に大きく影響していることを自覚してください。

そうすれば運を味方につけることができるようになります。

関連記事一覧

error: Content is protected !!