男と女の関係は匂いで決まっている

中年過ぎたら加齢臭に注意!女性はニオイで逃げていく

人は、無意識のうちにニオイで異性に惹かれるということは意外と多い。相手から分泌される様々なものを感知して、人は、無意識に男女の相性を見分けていると言われている。普段から清潔を心がけ、タバコを吸っているようなら止めて、普段からの食べ物に注意をし、香水などを上手に使っておくことだ。日頃からのケアが、女性に対するエチケットとしてとても重要なのである。(内田游雲)

男と女の相性は、どのように決まるか知っているだろうか?

誰もが、なんとなく感覚的なものと思っている。しかし実は、相手から分泌される様々なものを感知して、人は、無意識に男女の相性を見分けていると言われているのだ。

とはいえ、この相性が、肉体の相性に直結するわけではないのだが、動物の究極の生存意義は子孫を残すことにある。ここでいう相性は、より生存に長けた子孫を残せるかどうかという、より本能的な部分を指す。

その感覚的な中でも特に重要なのがニオイなのだ。

男と女の関係は匂いが重要になる

「あの人、いい匂いだな」と感じることはないだろうか?

人は、無意識のうちにニオイで異性に惹かれるということは意外と多いのだ。惹かれる異性のニオイは、個々で異なるものである。人間の血液にはHLAと呼ばれる白血球のパターンがあり、人は自分と違うパターンのHLAを持つ異性のニオイにひかれる傾向があるといわれている。これは自分や近親者と異なるHLAを持った異性を配偶者に選ぶことで、より多様な免疫機能を持つ子孫を残そうとする本能によるものと考えられている。

もちろん、そのような本能的なものだけで相手のニオイにひかれているわけではないが、特に男性は女性のニオイにひかれる傾向があるものだ。

確かに男性に比べて女性はいいニオイがする。これはホルモンによるものだ。女性ホルモンにはニオイのもとになる皮脂の酸化を抑える作用があるため、同年代の男性に比べて体臭が少なくなる。

さらに、脇や陰部などに存在するアポクリン腺から分泌される汗には異性を引き付けるフェロモンが含まれていると考えられている。

女性はニオイで異性を引き付け、さらにはニオイでより生存能力の長けた子孫を残せる相手を探してるのだ。

女性はいい匂いの男を求めている

女性は、さらにエチケットとしてニオイに気をつけて化粧品を使っていることも大きい。このエチケットとして化粧品を使っているところに注意をしておくことだ。

つまり、女性はニオイが最大の武器になると本能的に知っているので、ニオイに注意しているのだ。ということは、男性が思う以上に、女性は匂いに敏感だということである。だから女性にとって、臭いと感じる男は、生理的に対象外になる。これは、どんなイケメンであっても無理なのだ。

特に、中年を過ぎた男性は、体臭に注意が必要になる。なかでも、加齢臭には注意をする必要がある。加齢臭は男性のみの症状との誤解も多いのですが、元々は臭いや体臭に敏感な女性向け商品開発の研究のために発見された、高齢者の体臭の原因であるノネナールにことだ。

これは、男性は主に40歳代以降、女性では主に閉経後に増加傾向が見られるのですが、加齢臭自体は身体を清潔に保つことや機能性香料である程度抑えることができる。

また、喫煙者の場合、非喫煙者に比べて悪臭が強くなる傾向があり、これは、日頃から何を口にしているかで、体臭が大きく変わってくることも意味している。

中年を過ぎて異性にモテたいなら自分の匂いに細心の注意を払うことだ。基本的にモテたければ、普段から清潔を心がけ、タバコを吸っているようなら止めて、普段からの食べ物に注意して、香水などを上手に使っておくことだ。

口臭には特に注意を

更に注意しなければならないのは口臭である。

自分が思っている以上に口は臭うのです。特に歯周病だとキスの時にイヤーな臭いがする。虫歯だけではなくて、年齢とともに歯茎が傷んできて、膿のような臭いを発生させている。これが口臭の原因になる。

一方、人はキスで男女の相性を確かめている点もある。キスをした瞬間、相手の唾液から分泌される成分が脳に信号として送られて、相手の健康状態は良好か、遺伝的に近親性はないかなどのチェックが行われる。OKならばドーパミンが放出されて快感が得られ、NGならばストレスホルモンが発されて拒否反応が出るという仕組みだ。

これはキスが上手か下手かとは別の問題で、ふさわしい相手かどうかを本能的に判断するのである。だから、キスの時に口が臭かったら、一発で嫌われてしまうことになる。日頃からの口腔ケアに注意を払っておくことだ。

女性とのキスの時に

「あ、この人とのキスは臭い」

そう感じさせてしまったら、その相手とはもう先はない。日頃からのケアが、女性に対するエチケットとしてとても重要なのである。

関連記事一覧

error: Content is protected !!