恋愛は男と女の主導権の取り合い

理由が良く分からない彼女の不機嫌を直す方法

女性の理由が良く分からない不機嫌というのは、結構出くわしますし、男性にとっては、かなり面倒くさいものです。

男からすれば、ほんと勘弁してほしいのですが・・・

デート中に彼女が不機嫌に

そんな時、放っておいたらますます機嫌が悪くなったり、また「なんかあったの?」と聞く事でかえって機嫌が悪化したりもします。

その理由としては、基本的に女性の性質として

「言わなくても分かってほしい」

という気持ちがあるからです。

「なんかあったの?なんで機嫌が悪いの?」と聞くと、

かえって

「なんで分かんないの!!」

と怒りに火を注いでしまったりする。

こうしたことは、最初のうちは可愛いと思うかもしれませんが、何度もやられると、男は流石にげんなりしてしまうものです。

最初に教育ができていない

これは、もう出会った最初の時に、教育できなかったことに原因があるわけです。

大事なことは、最初からなのです。

恋愛というのは、ある意味主導権の取り合いですから、最初に、しっかりとガツンとかますことです。
恋愛の主導権争いは、出会った時からもう始まっているのです。

「どんなに親しくなっても、恋人同士でも、お互いに尊敬できない関係はダメ。」
「感情をぶつけ合っているのが恋愛なんて嘘だ。」
「お互いを尊敬しあい思い合うことが一番重要だ。」
「だから感情はぶつけてはいけない。」
「感情をぶつけるのは幼稚な証拠だ。」

まず、最初の段階で、こうした価値観を何度も刷り込んでおくのです。
刷り込んでおくというと、難しそうの聞こえますが、会話の中に何度も出して、説明して納得させておくのです。

こうして、自分の考え方や価値観を相手にしっかりと伝えておきます。

根本的な対処法

もちろん、それでも体の関係ができて、恋愛関係が進んでいくと、甘えが出てきてイライラをぶつけてきたりします。

その時は、一気に連絡を絶ちます。
電話に出ない。

こちらから絶対に連絡しないようにします。
ただし、相手から頑張れば連絡が取れる方法を一つ残しておきます。
Lineとかですね。

あとは、じっと我慢。

そのうち、相手から連絡が来るので、
(来るまで何日でも我慢すること)

「最初に言ったよね。感情をぶつけてはいけない」って

と、相手のミスを冷静に指摘します。
これで、二度と同じことはしなくなります。

結局のところ、最初に自分が何が嫌いかを明確に表現しておけば、こういうことは起きてきません。そこを、相手に気に入られたいがために、甘く接すると、こうしたことが起きてきます。

そうなると、せっかくお互いの気持ちが近づいても、結局、恋愛は上手くいかないものです。

えっ、そんな事いまさら言われたって遅い・・・

とりあえず何か食べさせよう

そんな時は、意外と簡単なのが、ご飯を食べさせることです。

女性は満腹になって生命の安全が確保されていると、機嫌がよくなるという傾向があります。
だから、空腹状態になるとイライラは、男性よりも強いのです。

あと、またイライラしている原因として、

「長時間歩いて足がいたい」とか
「疲れた」とか

そんなこと、口で言えばいいじゃん!!
てことが原因だったりもします。

そして、あなたにここを察して欲しかったりする。

「疲れた?休もうか?」って声かけてあげたり、

「美味しいケーキ屋があるんだけど食べない?」
などと上手く誘導して、とにかく何かを食べさせるのです。

こうすれば、なぜか落ち着いてきます。

ただ、これもいつまでも続けられないので、一度しっかりと、自分の価値観を教育することが必要です。
そうしないと、いつまでも振り回される関係が続くことになり、関係を維持できなくなってしまうことになります。

まずは、ぐっと我慢して、価値観を教育することです。

関連記事一覧

error: Content is protected !!