聞き上手な男性が一番モテるようになる

最強のモテテク聞き上手になる方法

いつの時代も聞き上手な男性は確実にモテるものだ。何かあったら、「とにかく話を聞いてもらいたい」そう思える聞き上手な男性が一番モテるだろう。そもそも相手から信頼され、心に残る受け答えをしているからモテることになるのだ。そのためには、とにかく話を聞いて、相手に興味を持つ、相手を認める、こうしたことを意識しながら会話をしてみることだ。(内田游雲)

聞き上手がモテる

男性がモテるための恋愛テクニックはいくつかあるが、やはり、いつの時代も聞き上手な男性は確実にモテるものだ。

何かあったら、

「とにかく話を聞いてもらいたい」

そう思える聞き上手な男性が、一番モテるかもしれない。とにかく、相手から信頼され、心に残る受け答えをしているからこそ聞き上手であり、モテることになるのだ。

聞き上手と言っても、ただ聞いているだけでは、効果は半減してしまうので、以下のいくつかの点に注意してみることだ。

これが出来ているかどうかで印象が大きく変わってくる。

身体を相手に向ける

まずは、女性の話を聞くときは、身体の正面をできるだけ、相手の方に向けていく。

それだけで

「あなたの話に興味がある、真剣に聞いているよ」

こうしたメッセージを発信することになる。

特に、横に座っている場合であれば、身体の向きを不自然にならないように変えていくといい。

相手の方を向くということは、あなたに興味があるというボディランゲージでもあるのだ。

話を引き出すように質問をする

女性が話していることに対して、質問を挟むことで、相手が話しやすくなるだけではなく、好意を寄せているというアピールにも繋がる。

そうはいっても、なかなかうまく質問ができない場合には、5W1Hを基本にして質問をしてみるといいだろう。

5W1Hとは、

Who(誰が)
What(何を)
When(いつ)
Where(どこで)
Why(どうして)
How(どのように)

以上の6つのポイントを軽く聞くだけで、会話が勝手に進んでいく。

ただし、これもあまり立て続けに質問すると、まるで尋問みたいになってしまうので、さり気なくすることが大事だ。

相づちを上手に打つ

話を聞くときには、ただ聞き流していてはいけない。ポイントは、「相づち」を上手に打つことだ。

そうすることで、相手に

「私は真剣に話を聞いているよ」

そうアピールをすることにつながる。

ただ、この相づちも、注意しないと、真剣に聞いているのではなく、なんか小馬鹿にしたように感じられるので、たとえ悪気はなくても、相手の話したい気持ちを損ねないようにする必要がある。

お勧めは、基本的に「声に出さず、黙ってうなずく」だけでいい。会話の目的は、あくまでも女性に気持ちよく話をしてもらうためだから、余分な言葉は本来は不要なのだ。

さらに、相手の目を見て、時々共感する言葉をはさんでいく。

「そうなんだ!」
「大変だね!」
「すごいね!」

こうした言葉を使って共感を示す相づちをしていく。こうすると、相手の女性は「この人は、自分のことをわかってくれる」という気持ちになる。

とにかく会話を盛り上げる言葉は、「そうなんだ」「大変だね」「すごいね」だ。基本的にこの3つだけ覚えておけば大丈夫だ。あとは、無言で頷くだけでいい。

さらに会話の時には、重要な事は、真顔で聞く癖をつけておく。楽しいことは笑顔で、シリアスなことは真顔で聞く。こうした笑顔と真顔の使い分けこそが、相手に好印象を与える重要なポイントになる。

ただ、このように表情の変化をつけることが、最初はなかなかできないかもしれないので、鏡を見て練習してみることだ。普段のこういった練習で、会話力は格段に上がっていく。

最後まで話を聞き否定しない

そして、話の途中で口を挟むのは絶対にタブーだ。まずは、相手の話が終わるまで、しっかり聞くことである。

こうした会話の時に、自分の意見を言いたがる人は、相手を不快にさせることもあるので注意が必要だ。たとえ、相手が間違っているなと感じても、最後まで聞くことを徹底することである。相手が話したことに対して反論したり、間違っていると正そうとしたりするのは、失敗につながる。意見が違っていても否定してはいけない。

会話の目的は、自分の意見を言うことではなくモテることだ。小さな間違いくらいは、気にせずスルーしてしまうことである。

とにかく、相手から信頼される、心に残る受け答えをしているからこそ、聞き上手であり、モテることになるのだ。モテる男性を目指すのであれば、会話上手を目指すのではなく、とにかく話を聞いて相手に興味を持つ、相手を認める、ということを意識しながら会話をしてみることだ。

その瞬間に、あなたは女性からモテ始めていることに気づくはずだ。

関連記事一覧

error: Content is protected !!