20代のモデルみたいな娘を彼女にしたい

最低限の努力で恋人を作る方法

彼女が欲しい。

既婚未婚問わずに、そう思ったとき、まず何をしたらいいのでしょうか?
特に中年を過ぎた男性は、年齢的に不利な状況にあります。

出会いの場に足を運んでみたり、恋愛ノウハウを学んでみたり、マッチングアプリを試してみたりと、人それぞれいろんな努力をすると思います。

しかし、その努力はほとんど失敗に終わってしまいます。

どうも、多くの恋活や婚活を始めた男性が、「なかなか上手くいかないなあ」と感じる事が多いようです。

世の中には、恋活・婚活サービスはいろいろあるし、恋愛のノウハウも巷には溢れているのに、なぜあなたの恋愛は上手くいかないのでしょうか。

そこで、ここでは「最低限の努力で彼女を作る方法」について書いておきたいと思います。

出会いの数が最低限の条件

ビジネスの世界では「人脈」は、非常に大事にされます。

私のコンサルティングにおいては、マーケティングの中心に人と人とのつながりを置いている位です。
しかし、なぜか人と人との繋がりであるはずの恋愛では、この人脈はあまり重要視されていません。

わかりやすく例えると、「恋愛したい」と思ったとき、周りに恋人候補になりそうな女性が10人いるA氏と、友達を紹介しあったり合コンを開いてくれそうな男友達を10人持っているB氏と、ただ何となく飲んだり愚痴りあうだけの友達が10人いるC氏では、恋人のできやすさに大差があるということです。

一番可能性が高いのはA氏、次にB氏、C氏の場合は、まず彼女はせきません。

考えて見れば当たり前の話です。
おそらくなのですが、多くの恋愛下手な男性はC氏タイプではないかと思われるのです。

もしあなたが思い当たるようであれば、まずはB氏やA氏になれるよう、人間関係を広げて深めていく必要があります。

この話をすると、独身で彼女もいない男性はたいてい次のように答えます。

「でも、欲しいのは彼女一人なんだけど」

もちろん、必要とする相手は1人でも、その一人と出会うチャンスが広い人の方が成功率は高いのが当たり前です。

その当たり前ができていないのです。

デートで使える店を知っていますか

出会いさえ増やせば恋愛はできると思いがちですが、恋愛をスタートするまでにはデートという場で、お互いの価値を測り合うことになります。
(ここ注意です。気持ちじゃありません。価値です。)

ここが次のハードルです。

もちろん、たまには、普段行く安い居酒屋でデートしても良いですが、最初はやはり雰囲気の良いお店で女性をもてなすべきです。

いつもと同じメンバーでいつもと同じ店で同じものばかりを食べていては、女性をもてなすときにいろんな知識が足りず、あなたの価値が低くなってしまいます。

普段から、雰囲気の良い店を開拓するようにしていってください。
こうした努力が、あなたの価値を高めていきます。

見た目のルールは守ろう

恋愛に進むためには、見た目が大事です。

「モテるのはイケメンだけ」と多くの男性の多くは負け惜しみをいいますが、女性側にしてみれば、好きになると全員一斉に「アバタもエクボ」の錯覚を起こすので、恋愛上手とイケメンに関係性はそこまでありません。

ただし、イケメンである必要はないものの、恋愛における見た目には、重要なポイントがあります。

それは、最初に嫌われないことです。

そして、嫌われるのは次の3点です。

・キタナイ
・クサイ
・ダラシナイ

このの3つです。

だいたい、モテない男性の殆どが、どれかに当てはまります。

説明不要かと思いますが、ダボッとしたくたびれた服を着た汗臭い男を、どんな女性であっても恋愛対象として外すものです。

また服だけでなく顔についても、この3つの点を注意すれば、女性が男性に求める絶対条件「清潔感」は手に入ります。

難しいことを考えず、毎日鏡を見て、服装もきちっとしておきましょう。
それだけで、何倍もモテるようになります。

自分に合った相手を探す

恋愛をするとき、あなたは、相手に求めるタイプや条件にはどんなことを上げるでしょうか?

「20代でモデルみたいな娘」とか、よく中年過ぎた独身男性から聞きますが、それ大丈夫ですか?

もちろん、あなたが、お金や資産をたくさん持っていれば、可能性は出てきます。
しかし、そうでなければ、誰が好き好んで中年のおっさんを相手にするでしょうか?

もし、他の価値を持っているなら、「20代でモデルみたいな娘」」にチャレンジしてもいいですが、そうでなければ、もっと現実を見ることです。

自分は相手にとってどれだけの価値があるだろうかと自分自身に問いかけてみてください。

恋愛というのは、相互に価値の値踏みから始まります。
あなたは、年齢のギャップを補うだけの他の価値を持っていますか?

一度自分を客観的に評価してみてください。
そして、彼女が欲しかったら、まずは、自分の現実にあった相手を探すことです。

それでも、どうしても「20代で読モみたいな子」を狙いたいなら、自分の価値をひたすら上げることです。

一番簡単なことは、お金持ちになることです。そうすれば可能性が出てきます。
それすらもできずに、ただ若い子がいいなんてのは、ただの身の程知らずだと知ってください。

恋愛に必死にならない

矛盾しているかもしれませんが、恋愛は仕事や趣味と違って、必死になればなるほど、気持ち悪さを相手に感じさせるものです。

特にそれが中年を過ぎた男性が必死になると、もうどうしょうもなく気持ち悪くなります。
この原理を知らないと、真面目な人ほどキモさを醸し出すという、悲しい結果に陥ります。

どんなに彼女が欲しくても、どんなに結婚したくても、そこは、ぐっとこらえて、自分を客観視して、冷静さを保つことです。

こういった客観的に現実を見ることで、余裕が生まれ、相手に器の大きさを感じさせるものです。
その上で、さりげない思いやりとアプローチが恋愛成功のキーになるものなのです。

関連記事一覧

error: Content is protected !!