願い求めながらも得ることを遠慮してしまう人がいる

得ることを遠慮してしまう人々

世の中には、強く願って
せっかく努力したのに
いざそれが手に入るときに
遠慮してしまう人がいます

これは、強く望むほど
実現しそうになると
何となく恐怖を感じるものだからです

人間が最も幸福を感じる瞬間は
願いが実現することよりも
願っているときの方が
幸福を感じるものなのです

それでは、いつまでたっても
次の段階へと進んでいけません

願ったことが実現するときには
素直にそれを受け取りましょう

そして、次の段階へと
歩を進めていくのです

こうしないと努力していること
それ自体に喜びを見出してしまい
同じ状況がいつまでも続くことに
なってしまうのですから

目の前のものを感謝して受け取る

大多数の人が、成功に恵まれない最大の理由は「受け取る能力」に問題があることです。

多くの人が、まず自分に自信がなく、自分が十分な成功や富を受け取るのに、ふさわしい人間だと思えないのです。実際には、自分に価値があろうが、なかろうが、成果を得ることはできます。自分に価値があるのか、無いのかなどというのは作り上げられた幻想なのです。

さらに、なぜか幸運に出会うと、怖れる人も多くいます。幸運は、ただ訪れるだけなので、素直に受け取ればいいのですが、そこで勝手に恐れを抱いて遠ざけてしまうのです。

訪れたものは、好いことでも悪いことでも、恐れずにただ素直に受け取ることです。まず目の前にあるものを感謝して受け取ることで、その他のものも順に受け取ることができるのです。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!