運を開く言葉「夫婦間の諍いは互が自分の方が多く愛されるべきだとの自惚れからくる」

夫婦間の諍いの理由

夫婦間の争いのほとんどが
自分の方がたくさん愛されたいという
自己中心的な思いから始まります

お互いに自分の方がより多く愛せば
こういった争いはなくなります

しかし、それができないのは
人間はどこまで行っても
自己中心的な生き物だからなのです

まずそれを自覚して
相手をより多く愛するようにしてください

そうすれば状況が一変します

自分のほうがたくさん愛されたいという思い

争いの元になる感情は
「自分は正しい」
「相手が間違っている」
こういった考え方です。

自分が正しいから、相手が悪いはずだ。だから、争いをしてでも自分の正義を貫き通す。これが、根本の間違いです。
特に夫婦間の争いのほとんどが、自分の方がたくさん愛されて当然だという自己中心的な思いが根底にり、この思いが相手を攻めることに繋がり、自分を正当化してしまうのです。

自分のほうがたくさん愛されたいと思う自分勝手な考え方を捨てることで、初めてお互いを思いやる、理想的な夫婦関係を作ることができるのです。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!