運を開く言葉「不安の正体とは何かを失うことでなく失うかもしれないということにある」

不安の正体

人はいつも不安を持って生きています

その不安とは
何かを失うかもしれない
ということから来ます

実際に起こっていないことを
都合の悪い未来を勝手に想像して
不安を作り出しているのです

この不安の正体に気づけば
不安は消えてなくなってしまうものなのです

根拠も実態もないから不安を感じる

人間は、誰もがなんとなく不安を感じているものです。常に得体の知れない、不安感を誰もが持っています。しかし、その不安は、じつは根拠も実態もありません。根拠も実態もないから逆に不安を感じるのです。

悪い出来事でさえ、明確に把握できれば、不安をあまり感じることはありません。不安の正体とは、実態が何もなくて、把握できないからこそ、不安が起こるということなのです。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!