運を開く言葉「激しく責めてくる人は自分を認めてほしいからである」

激しく責めるのは自分を認めてほしいから

激しく責める人は
その裏側に劣等感が
ある場合が多いものです

自分に自信がなく
自己重要感が得られない人ほど
劣等感の裏返しとして
他人を責めるのです

自分を肯定出来て
自己重要感が満足されていれば
失敗もただ、指摘するだけです

責めるのは、その裏側にある
劣等感や認められたいという
強烈な欲求なのです

このことを知っておくと
クレーマーや理不尽な言いがかりにも
対応しやすくなります

相手のことをとにかく認めてあげる

お店などでよく、店員さんに当たり散らしている人を見かけます。このように、他人を激しく責める人は、その裏側に劣等感がある場合が多いものです。

日頃の生活の中で自己重要感が得られない人ほど、劣等感の裏返しとして他人を責めるのです。だから、ほとんどの場合、こういった人は、現在の生活がどちらかと言えば上手くいっていない人です。はっきり言えば、他人から下に見られがちな人なのです。

こういう人を相手にする場合は、まず相手のことをとにかく認めることです。
相手の言葉に真剣に耳を傾け、対応することで、徐々に自己重要感が満たされ、落ち着いてきます。

相手を責めるのは、その裏側にある劣等感や認められたいという欲求不満なのです。
このことを知っておくと、クレーマーや理不尽な言いがかりにも対応しやすくなります。激しく責めるその行為の裏にある、心の底の悲鳴を聞き取ってください。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)

関連記事一覧