運を開く言葉「度を超えた幸運、厚い待遇というのは人生の落とし穴であることが多い」

人生の落とし穴について

人生の中で、信じられないほどの
幸運が巡ってくることがあります

しかし、往々にして
これは神様(悪魔?)の
罠であることがあります

一見、幸運に思えても
それが落とし穴になるのです

いっとき成功したがために
その後の人生を誤る人が
多いのはこれが原因です

たとえ、幸運に恵まれたとしても
腰を落としてしっかりと
地に足をつけていくことが大切です

幸運にも浮かれず
悲運にも悲しまず
ただ目の前のことを
粛々と行っていくこと

これこそが、成功への近道なのです

身に過ぎた幸運は罠であることが多い

労せずに手に入るものや、身に過ぎた幸運が巡ってくる時は、人生の罠であることが多いものです。それを知らずに、手を出してしまうとたいていの場合、後で大きなしっぺ返しを受けます。

しかも、こういったものは、一度手を出すと、深みにはまって脱出できずに、ますます苦しむことになりかねないのです。

世の中は、そんなに甘いことばかりではありませんので、くれぐれも、浮かれたりせずに、むしろ慎重になって行動するように、注意をしておくことが必要です。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧