運を開く言葉「労せずに欲望が叶うからといって手を出してしまうと深みにはまり抜け出せない」

労せずに欲望が叶うと抜け出せなくなる

労せずに手に入るもの
身に過ぎた幸運

こういったものは
人生の罠であることが多いものです

それを知らずに手を出してしまうと
たいていの場合、後で大きなしっぺ返しを受けます

しかも、こういったものは
一度手を出すと深みにはまって
脱出できずますます苦しむことに
なりかねないのです

幸運にも浮かれず悲運にも悲しまず

人生の中では、信じられないほどの幸運が巡ってくることがあります。しかし、往々にして、これは神様(悪魔?)の罠であることが多いものです。

一見、幸運に思えても、それが落とし穴になっているのです。いっとき成功したがために、その後の人生を誤る人が多いのはこれが原因です。

だからたとえ、幸運に恵まれて成功したとしても、腰を落としてしっかりと地に足をつけていくことが大切です。幸運にも浮かれず、悲運にも悲しまず、ただ目の前のことを粛々と行っていくこと。

これこそが、成功への道なのです。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)

関連記事一覧