運を開く言葉「借金は敵ではないかつて信頼して貸してくれた相手は味方であったはずだ」

借金は敵ではない

借金で苦しむようになると
借金が悪いことのように
感じてしまうものです

しかし、よく考えてみれば
自分を信頼して
お金を貸してくれたたということは
その時には味方だったはずです

それが、自分の考え方が変わって
自分勝手に敵のように
感じてしまっているだけなのです

いま、借金で苦しいと感じているのならば
もう一度、ここを思い出してみてください

そこから、活路が開けてきます

問題が起きた時は見直すチャンス

物事がうまくいかない。次々と問題が起こる。こういったときには、最初に自分の考え方が間違っていないかどうか、確認する必要があります。

往々にして、基本の考え方が間違っていると、問題が大きくなり、物事はうまくいきません。さらに、その問題の解決もなかなかできなくなります。

こういった時は、その元凶となっている自分の考え方のほうを、まず変える必要があるのです。問題が起きたときや躓いたときは、むしろ根本を見直すいい機会でもあるのです。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!