運を開く言葉「夢がかなったときの準備をしている人は少ない」

夢がかなった時の準備をしているか

夢は信じて願えば叶うものです

しかし、夢がかなったときの
準備をしている人は少ないのです

つまり、夢を願っている人は多いけれども
それが叶うと、ほんとうに信じている人は
とても少ないということです

夢が叶うと信じているのであれば
叶ったときの準備をしているのが
あたり前の行動です

それができていないということは
どうせ、夢なんか叶いっこないと
自ら否定しているのです

ここに、夢が実現できる人と
そうでない人との違いがあるのです

夢が叶う準備が出来ているか

夢が実現する人は、ただ運がいいだけではありません。その幸運を受け取れるために日々努力をし続け、受け取ることができる状態にしている人です。

ただ、幸運に恵まれたいと祈っているだけでは幸運はやってきません。幸運というのは、それを受け取れる準備のできている人のところにだけ訪れます。何もせずに、ただ運が良くなることを願っている人の所には、残念ながら巡ってこないのです。

たとえ、チャンスが訪れたとしても、準備ができていなければ掴むこともできないし、そもそも、気付くこともできないものです。

夢が叶わないと嘆く前に、自分がそのための準備が出来ているかどうかを、まず自分に問いかけてみることです。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧