運を開く言葉「失敗はなるべく早くしたほうがいい。後になるほど大きな失敗につながる」

失敗は早いほうがいい

ビジネスであっても
それ以外の事であっても
必ず失敗があります

失敗しないということは
行動をしていないということです

ただ、同じ失敗するにも
最初のうちに失敗したほうが
傷が小さいものです

ですから、最初はいっぱい失敗することです
そこから学べるものが大きいのです

特に年齢の若いうちは
あるいは、経験の少ないうちは
失敗が多いくらいがちょうどいいのです

失敗を失敗として終わらせない

そもそも人間は、誰でも失敗をします。失敗をしない人間は、この世には誰一人として存在しません。

それよりも問題は、失敗した時の態度なのです。

失敗を後悔し悔やんだり、周りを恨むのではなく、そこから何かを学び取り次につなげることです。こうすれば、失敗は失敗ではなく、次の成功の為の階段になっていくのです。

全ては、失敗に対する考え方一つで、失敗の意味が決まってくるのです。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧