運を開く言葉「人は得意なことではなく苦手なことばかり考えて時間を無駄にしている」

苦手なことで時間を無駄にしない

人間はネガティブなことに
とかく心が縛られてしまいます

自分自身をよく観察してみると
否定的なことばかり考えている時間が
多くを占めてしまっているのです

「上手くいかなかったらどうしよう」
「失敗したらどうしよう」

こうして、多くの時間を無駄な妄想をして
過ごしてしまうのです

苦手なことばかり考えるのではなく
この時間を得意なことを考え
それを伸ばす行動をすることで
大きな進歩を実現することができるのです

好きなことを得意なことで表現していく

何かに取り組むときには、必ず乗り越えなければいけない壁が存在するものです。この壁を乗り越える為には、努力や継続が必要になりますが、同じ努力でも、好きなこと、楽しいことであれば、乗り越えやすいものです。

だからこそ、得意なことをしたほうが、より成功に近づきやすいのです。
物事を成功に導くためには、好きなことを、自分の得意なことで、どう表現していくかがポイントなのです。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧