多くの人達は今日のことよりも明日を気にする

明日のことを気に病まない

人間には想像力がある

この想像力がまだ起きてない
未来を妄想し心配を起こさせる

誰もがなかなか行動できない
理由がここにある

起きるかどうかわからないことに
恐怖を感じて足がすくむのだ

人は過去の記憶に苦しめられ
未来を恐れおののくものである

しかし過去も未来も
現実には存在しない

それは心の中にだけにあって
現実に存在するのは
今この瞬間だけなのだ

大事なのは今この瞬間に
何をするかだけである

未来に対しては期待だけを持つ

人間はどうしてもネガティブなものに眼を奪われがちになります。
そして、感じる恐怖が大きいほど、その恐怖から目が離せなくなり、そこから離れられなくなってしまいます。

まだ起きていない未来に対しても同じで、未来に期待を持って考えるか、心配で苦しむかで結果が違ってくるのです。
しかし人間は、自然に任せていたら、結局はこの恐怖に飲み込まれてしまいます。

意識的に未来に対して期待だけを持ち、余分な恐怖を持つことなく生きることで、今を充実したものに変えてくれます。

反対に心配して生きる人には、今が暗いものになってしまうのです。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!