腹が立っている時人は正しい判断ができない

腹を立てると正しい判断ができない

昨今では怒るのは当たり前
怒らないと不甲斐ないとまで
言わんばかりの風潮である

しかし、怒りの感情は
絶対的にマイナスでしかない

腹が立っていると
間違った判断を下してしまい
怒る人の周囲は敵ばかりになる

腹を立てている本人も不愉快
その周りの人間も不愉快
だから全ての運が悪くなる

人生でやってはいけないことの
一つが腹を立てることなのである

怒りは増幅し感情を蝕んでいく

お釈迦様は、どのような理不尽な目にあっても怒ってはいけないと説いています。憎しみや、怒りの感情からは、何も生まれないことを知っていたからです。

しかし、昨今の私たちは、
「怒ってあたりまえ」
「怒らないなんて腰抜けだ」
とまでいうわけです。

しかし、これは怒りについて知らないからです。怒りは、最初は小さくても、自らを増幅し感情を蝕んでいきます。

そして、今の世の中は、怒っている人が非常に多いのです。世の中の多くの人は、怒りのはけ口のために、叩きやすい誰かをいつも見つけようとするのです。

自分たちは批判されない場所にいながら、他を責任追及してアラを探しています。弁解できない弱いものを一方的に非難するのが今の世の中なのです。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!