今ある小さな幸福に感謝できない人は大きな幸福を受け取ることができない

小さな幸福に感謝できない人

目の前のことに
不平不満を言っている人は
どんな幸福が目の前にあっても
それを感じることができない

幸福とは小さなことを
幸福だと感じることから
育てていくものだからだ

不幸になる最短距離は
不平不満をいうことなのだ

不平不満を言い続ければ
すぐに不幸になることができる

幸福とは実在するものではなく
心で感じるものだからだ

だから幸福の感度を育てないと
幸福を受け取ることができない

幸福は自分の意志で得るもの

不幸と幸福とどっちが簡単に手に入るかといえば不幸である。誰であっても、感情に任せていれば、人間は自然と不幸になれる。なぜなら、幸福は自分の意志で感情をコントロールし、目的に向かって努力することで初めて得られるものだからだ。

そのため、人間は放っておくと、自然と不幸になっていくのだ。逆に幸福になる為には、強い意志と努力で自らをコントロールしていくことが必要になるのである。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!