失敗を認めようとしない人は後で大きなしっぺ返しを受ける

人は失敗を認めることで進歩していく

人は、なかなか自分の失敗を
認められません

それは、自分の中の
自己重要感が傷つくからです

しかし、その失敗を隠したまま
継続していると、かえって
傷口が大きくなります

失敗したときは
素直にその失敗を認め
対策を立てることです

こうしたことをスムーズにできると
大きな火傷を負わずに済むのです

失敗をしない人間は存在しない

人間は、誰でも失敗をします。失敗をしない人間は、この世には誰一人として存在しません。そして、同じ失敗するのにも、できるだけ最初のうちに失敗したほうが傷が小さいものです。

ですから、最初はいっぱい失敗することです。そこから学べるものが大きいのです。特に年齢の若いうちは、あるいは経験の少ないうちは、失敗が多いくらいがちょうどいいのです。

失敗を後悔し悔やんだり、周りを恨むのではなく、そこから何かを学び取り次につなげることです。こうすれば、失敗は失敗ではなく、次の成功の為の階段になっていきます。

多くの人は、失敗した時に後悔し、できたら失敗しないようにと考えます。しかし、本当は、失敗することを恐れるのではなく失敗しないことを恐るべきです。失敗したということは、それだけ学びのチャンスが多いということでも有るのです。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!