去る者は貴方に何かを与える役目を終えた人である

去って行く人は役目を終えた人

あなたに関係する人は
すべて何らかの役目を持っていて
その役目が終わったら去っていく

だから、無理に追っかけたり
引き止めたりする必要はない

それは哀しいことではなく
単に役目が終わった
ということなのだ

どんな人とでも
必ず別れがくる

それは好い人であろうと
悪い人であろうと同じだ

だから素直にただ
受け入れればいい

そこに執着すると
苦しむことになる

役目が終われば人や物は去っていく

あなたに関係する全ての人は、全員があなたに対しての何らかの役目を持っていて、その役目が終わったら自ら去っていくものです。

だから、無理に追っかけたり、引き止めたりする必要はありません。
別れるということは哀しいことではなく、単に役目が終わったということだけなのです。

どんな人とでも必ず別れがきます。
それは、好い人であろうと悪い人であろうと、最愛の人であろうと最悪の人であってもです。
これは、誰であっても避けようもありません。

だから、別れはただ受け入れるしか無いのです。
それを、別れたくないと執着してしまうと、さらに苦しむことになってしまいます。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!