学んだ知識は実際に使わないと身に付かない

知識は使わないと身に付かない

多くの人が学んだだけで
満足してしまいます

しかし、知識は学んだだけでは
何も意味はありませんし
実際に身に付きません

ただ、知ったことだけで
満足しているだけです

知識はそれを実践してはじめて
実力になっていきます

だから、大事なことは学んだら
実際にその知識を
使ってみることなのです

その実践の中で
知識が少しずつ
現実に摺り合わされて
身についてくるのです

自己を鍛え行動を変える学び方

これからは、学び方が問われる時代です。誰かに答えを求める姿勢の学びはモノにならないのです。

〇〇を教えて欲しい!
□□を教えて欲しい!

これでは「死んだ学問」です。ただ、教わっただけ、知っただけで終わってしまいます。自己を鍛え行動を変える学び方が重要なのです。これを「活学」といいます。

特に、最近は誰もが、簡単に答えを求めてしまう傾向にあります。教えて欲しいといつもいつも言い続けています。

しかし、他に解を求めている間は自己の成長は期待できません。。そうではなく、自分自身で考え出すという姿勢が全てを決めていくのです。

1度ぜひ、自分の学び方を振り返ってみてください。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!