どんな人にもどんな物にも心を打つ物語が存在する

どんな人にも心を打つ物語が存在する

どんなに普通に見える人でも
その人の人生には
多くの物語が存在する

これは、物においても同じである

私たちはともすれば
自分だけが大変な人生を
送っていると錯覚しがちだが
そんなことはないのだ

人間が100人いれば
そこに100の物語がある

そして、その物語それぞれに
大きな感動が存在するのである

あなたの体験は必ず誰かの役に立つ

「偉業を成し遂げた人の多くが、
成功者の伝記や自伝を熱心に読んでいた。」

こうした調査結果がある。

物語を読み、聴き、あるいは、映像で見るとき、人は、自ずと、主人公に自らを重ね合わせる。
そこに、具体的な理想像を見出すことができるからだ。

あなたの体験は、必ず誰かの役に立つ。
それが、どのような小さな体験であっても、また、たとえ悲惨な体験であってもだ。

別に大成功して大富豪にならなくても、北海道の田舎で農業や漁業をやっていても、東京の郊外で小さなカフェをやっていても、公務員として市役所や交番に勤務していてもストーリーがある人生を送っているのである。

その体験を誰かに伝えればいい。
それだけでその人は、何らかの刺激を受け、知恵や勇気を得ることができるものなのだ。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!