人生には傷ついたり恥をかくことも必要である

傷ついたり恥をかくことも必要

自分が傷つくことや
恥をかくことを
極端に怖れる人がいます

しかし、生きていくうえで
傷つかないことも
恥をかかないこともありません

だから、決して
怖れる必要はありません

堂々と正面から向かっていく
だけでいいのです

下手に怖れるから
恐怖がより大きく
感じられてしまうのです

過去の記憶に振り回されない

人が傷ついたい恥をかいたりしたくないと思う理由は、自ら傷ついた過去を思い出し、その時よりも何倍も悩み、反芻して、自分から不幸になっていくからです。

しかし過去は、過ぎ去ったことなのです。そこに引っかかりさえしなければ、一瞬のことであり、過度に傷つくこともなく、不幸を感じることもありません。

ところが、ほとんどの人は、過去の記憶に囚われ、後悔や恥、苦悩といった感情に振り回されて、何倍も苦しんでしまっているのです。

過去の記憶にさえ振り回されなければ、ほんの一瞬のことであって、傷つくことも恥をかくことも、恐れる必要はないのです。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!