行動は意識の力よりも大きな影響を及ぼす

意思と感情が現実世界に影響を与えている

人間は常にエネルギーを出している。これは、人によっては、波動とよんでいるものだ。この波動(エネルギー)が影響しあって、あらゆる現象を起こしていく。こういった波動を作り出すものは、人の意識とりわけ感情である。中国では、これを「気」という概念を使って説明する。人間には、「気」というものがあって、これは人間だけではなくて、植物も、動物も、大地も、空も「気」が動いて成り立っている。(内田游雲)

世の中には、多くの自己啓発的な話や、スピリチュアル(精神世界)的な話が溢れかえっている。しかし、もし、あなたがこうしたスピリチュアル的な話を聞く場合には注意が必要だ。

なぜなら、こうした知識は、あなたの生き方に混乱を与えてしまうからだ。

なぜなら、もし神や天使がいて、それが世界を動かしているのであれば、ただ神に向かって祈っていれば、世の中の全ての問題は解決できることになる。

引き寄せの法則が失敗する理由

少し前に、引き寄せの法則というのが流行った。もちろん今でもこうした本は数多く出版されている。引き寄せの法則とは、簡単に言ってしまえば、心で描いたものは必ず引き寄せられてくる。

これは決して間違ったものではない。むしろ、この考え方は、私たちに大きな希望を与えてくれる。だれでも、素晴らしい幸運に恵まれ、全員が大金持ちになれる。望むものはすべて手に入る。こうした夢が見れるからだ。

しかし、現実にはどうだろうか。
そうはなっていない。当たり前の話だ。

例えば、お金を得るためには、行動しなければならない。電車に遅れそうになって、いきなりそこに座って祈り始めたら、確実に乗り遅れるだろう。祈るのではなく、まず“走れ”ってことだ。せめて、「走りながら祈ってくれ!」そう言いたくなる。

当たり前のことなのだが、この当たり前のことをやらない人が多すぎるのだ。お金を得るためには、お金を得るための努力、つまり行動が必要だ。お金とは、偶然手にするものではなくて、稼ぎ出すものだあからだ。

もちろん、「運」もある。しかし、その幸運すら、行動している人の元にしか訪れないのだ。

意思と感情で現実世界に影響を与える

さて、人間は常にエネルギーを出している。これは、人によっては、波動とよんでいるものだ。この波動(エネルギー)が影響しあって、あらゆる現象を起こしていく。こういった波動を作り出すものは、人の意識とりわけ感情である。

だから、この意思と感情をコントロールすことで現実世界に影響を与えることができる。これが、引き寄せの法則の骨子だ。

意思や感情だけではなくて、行動も波動を起こす。水の中でただ静かに動かなければ波は立たないが、動くことによって、波が生まれて影響が外部へを広がっていく。同じようにスピリチュアルの世界でも、行動はとても重要になるのだ。

行動による影響力は意識の力よりも大きな変化を起こすので、行動することが鍵になることには変わりがない。ここは、間違えないで欲しいところだ。

さて、中国では、これを「気」という概念を使って説明する。人間には、「気」というものがあって、これは人間だけではなくて、植物も、動物も、大地も、空も「気」が動いて成り立っている。

体内の気をコントロールしたり改善するのが気功や針灸だ。漢方医学は、この理論で組み立てられている。大地の気をコントロールするのが風水だ。占いもすべて、この「気」が基本なのだ。

お金の流れが意識できると儲かる

そしてじつは、お金にも「気」がある。だから、金運というものが存在すると考えるわけだ。

どちらも、実はほとんど同じことを表現している。引き寄せの方が、より精神的な波動として考えているのに対して、「気」のほうがより実感できるもので、感覚的なものになる。

どちらでもいいのだが、こうしたことを真剣に取り組むと意外なところからお金が入ってきたりする。私も過去、何人かに、「気」を使ったお金の引き寄せのやり方を教えたことがあるが、たいてい最初に実現するのがお金を拾うという現象だ。あるいは、どこからか、忘れていたお金が出てくるといったことも起きてくる。

しかし、実際にはそれは、たいしたことではない。それよりも、お金の流れが意識できるようになると、特にビジネスをしている人は、売上が不思議と上がり、お金が潤沢に入ってくるようになっていくのだ。

ただ、ここでも重要なのは、私たちはどこまでも現実の世界に生きているということである。このようなスピリチュアル的な力を使ったとしても、現実世界にお金が流れてくる道がないと入ってこないのだ。

例えば、サラリーマンであれば、年収300万とか500万といったボトルネックがあるから、それを超えては入ってこないことになる。これは、当たり前の話だ。

大きな水の流れが来ていても、蛇口が細ければ少ししか水は出ない。ボトルネックの仕事をしていたのでは、結局何をやっても同じなのだ。

まずは現実の世界で蛇口をしっかり太くする、あるいは複数の蛇口を作ることが必要になるのだ。

知識がないと現実化せずに終わる

それでは、こうした「気」のパワーを使ったとしたら、マーケティングなどのビジネスの勉強は不要になるのかというとそうではない。

広告やホームページは自分の波動エネルギーを伝える為の媒体なのだ。また、ビジネスモデルや仕組みは、見えない世界と現実の世界を繋げる橋なのだ。だから、知識やスキルがないと結局は、思うだけで現実化せずに終わることになる。だから、両方の知識を持ってそれぞれに実践していくことが一番重要だということになる。

このようなスピリチュアル系の知識は、現実の上に載せてこそ初めて大きな力を発揮する。しかし、多くの人は、足元の現実を忘れて不可思議な力に頼ろうとしていまうのだ。

それでは意味が無いのです。

なぜならこの二つは、車の両輪だからだ。どちらが大事ということではなく、両方を知っているとより効果的に豊かになれるということなのである。

関連記事一覧

error: Content is protected !!