運命に対して好悪を抱かずに身を委ねてみる

運命に身を委ねてみる

人生にはいくつもの波がある
これは避けようがない

しかし、その波が
良いのか悪いのかの判断は
自分の気持ちと感情なのである

現実には後になってみないと
その波が本当は良いか悪いか
判らないものだ

だったら、好悪をを抱かずに
来た波をすべて受け入れて
身を委ねてみることである

そうすれば、多くの問題にも
解決策が見つかる

我を捨てる

誰にでも不運や逆境は訪れます。
しかし、その不運や逆境を嘆いたり呪ったりすると、それが苦しみになるのです。

そうではなく、それをただ受け入れるだけで、その不運や逆境は貴重な経験へと変わっていきます。
同じ不運や逆境であっても、どのように感じるかによって、その後の人生が変わっていくのです。

あなたの人生に訪れる全てのことは、進んで受け入れてみましょう。
自分の身に起きた運命を進んで受け入れた時に運命は好転していくものです。

これを、起きたことを恨んだり怒ったり、抵抗していると、かえって悪い方向へ転がり落ちていきます。
自分の力でなんとかしようとする我を捨てることで、物事がうまく回っていくものなのです。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!