何もしなければ今のままで何も起こらない行動を起こせば何かの結果はでる

何もしなければ何も起こらない

世の中の多くの人が
なかなか行動を起こせないものだ

それは
「失敗したらどうしよう。」
そうした恐怖心が芽生えるからである

しかし、何もしないよりも
失敗したほうがいいのだ

全く失敗しないで物事が
上手くいくことはありえない

失敗という結果が出れば
それに対して対策を
考えることができる

これによって、成功へと一歩
近づくことができるからだ

行動しないと緩やかな衰退に向かう

誰もが、新しい事に取り組むときに失敗を恐れて足がすくむことがある。しかし、失敗することを恐れるのではなく、むしろ失敗しないことを恐れるべきだ。

失敗したということは、チャレンジした証拠だからだ。チャレンジしないということは、緩やかな衰退をしているということだ。

失敗よりも、むしろ怖いのがこちらである。現状のぬるま湯につかったままでいたのでは、気が付けば取り返しのつかないところまで衰退をしてしまうのだ。

人間は、チャレンジと失敗を繰り返したその先に、人間としての成長と成功が存在する。失敗しない人生とは、チャレンジのない人生だ。それはつまり、成長しない人生だということになる。

失敗を恐れて、チャレンジしない人生では、何も得ることはできない。リスクのないところには、成功すらも存在しないのだ。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!