いらいらや心配は問題の解決を遅らせる

いらいらや心配は解決を遅らせる

人は誰でも壁に突き当たったり
問題に直面したときに
思い悩み、イライラしたり
心配で夜も眠れなくなったりします

しかし、どれだけイライラしても
また、心配していたとしても
それは、何の解決にもなりません

それどころか、問題に
集中できなくなったりと
かえって、解決から
遠のく結果になってしまうのです

問題を解決するためには
冷静に状況を分析し
最適な行動をすることです

イライラや心配は
その妨げにしかならなりません

ゆとりを持って問題解決に取り組む

同じような問題や現実に直面しても、心にゆとりがない人はイライラして、心にゆとりがある人はイライラしなくて済みます。そして、問題解決は、やはり、ゆとりがある方がうまくいくものなのです。

イライラしたまま、問題を解決しようとしても、なかなかうまくいきませんので、まず、心にゆとりを持つようにしたほうがよほどうまくいくものなのです。

最初にまず、自分の健康状態や精神状態を整えて、心にゆとりを持った上で問題解決に取り組むほうが結局は早く解決することができます。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!