重要なのはどれだけ物を与えたかではなくどれほど心を込めたかである

どれほど心を込めたかが重要

他人に何かをする場合には
その価値は、与えたものの
価値ではないのです

重要なのは、どれほど
それに心を込めたかです

ここを私たちは勘違いしがちです

「良いものを与えているから良いだろう」

ではなく、相手のためを思い

「どれだけ心を込めることができたか?」

ここが、重要なのです

これは、ビジネスにおいても同じです。

商品の良いのは当たり前
そこに、どれだけ経営者の心が
込められているかなのです

お客さんは100%気がつく

こうした「心を込める」などといったボヤッとした内容は、時に軽く見られてしまいます。

そんなことをしてもどうせお客さんには判らない。そう思ってしまうのです。しかし、お客さんは100%気がつくのです。

お客さんへの思いがない会社は、そういったオーラを発しています。
逆に、お客さんのことを思って作った商品には、お客さんを惹きつけるオーラが宿るのです。仕事の成否はお客さんのために込められた心の結果なのです。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!