他人と比較せず自分の成長に目を向ける

自分の成長にこそ目を向ける

人は自分と他人をどうしても
比べてしまうものだ

人と比べることでしか
自分自身を計れないからだ

そして自分が劣っていると
劣等感を抱きそれがひどいと
怒りに変わったりする

自分が優れていると感じると
優越感を抱きそこに価値を
感じるようになってしまう

しかし、それでは何も
意味をなさない

それよりも自分が日々
どれだけ成長しているかに
注意を向けていたほうが
幸福になれる

他人と比べることで
いいことは全くない

比べるなら昨日の自分と
比べることである

他人と比較することは無意味

人生は競争ではありません。
そもそも一人一人ゴールが違うからです。

だから、誰かと競争などしていないのです。

しかし、世の中のすべては、他人と比べて、勝った負けたと評価をしていきます。
そのため、誰もが競争しているつもりになって、焦ったり、余裕をなくしてしまうのです。

他人と比べる愚に気がつけば、劣等感は自ずと消えていきます。
他人と比較することなどは、全く無意味なのです。

自分より上だと思う人間は、数多くいるし、下だと思う人間も数多くいるのです。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!