成功への道は人の数だけ存在する

成功法則の真実

成功とは、人によって様々な形をとる。だから、世の中に多くの成功法則が溢れかえるのも当然といえるのだ。人によって持っている資質や目指しているものが違う。だから、誰かの作った固定されたノウハウは、他人には合わないのだ。成功したいのであれば、目的に合ったメンター(指導者)を見つけるか、自分で努力して、自らの力で道を切り開くしかないのである。(内田游雲)

世の中に多くの成功法則が溢れる理由

成功の法則を考える上で、まず最初に明らかにしておかなければならないのが、そもそも、成功とは何かということである。

ある人にとって成功とは、お金持ちになることかもしれない。
また、別の人にとっては、有名になることかもしれない。

他にも、

権力を手に入れる。
出世をする。
好きな相手と結婚する。

こうした人もいる。

中には、悟りを得るなどもあるかもしれない。

このように成功とは、人によって様々な形をとるのである。だから、世の中に多くの成功法則が溢れかえるのも当然といえるのだ。

成功への道はいくつもある

お金持ちになる方法と、恋愛を成功させる方法は全く別のものだ。出世したり有名になる方法も別のものである。ましてや、悟りを開くなどとなったら、もう、全く別次元のものといっていいだろう。

そう考えると、100人の人がいるならば、それぞれ100の成功の形があって、100通りの成功法則が必要になる。

なぜなら人の数だけ成功の形が違い、成功の方法も当然に違うからだ。

だから、世の中の成功法則は、多種多様にならざるを得ないのである。しかし、逆に言うと、絶対これだという成功の法則は、存在しないということに気づく。

ただノウハウを学んでも成功できない

だから、もし誰かを成功に導きたかったら、マンツーマンでその人に合わせた方法を取らない限り、上手くいかないということである。

よく、世の中には、多くのノウハウが出回っているが、こうしたノウハウが、上手くいかない理由はここにあるのだ。

人によって持っている資質や目指しているものが違う。だから、誰かの作った固定されたノウハウは、他人には合わないのだ。

つまり、成功するためには、誰かに1対1で教えてもらうか、自分で自分の方法を編み出すしか本当はありえないということだ。

あなたが成功したいのであれば、目的に合ったメンター(指導者)を見つけるか、自分で努力して、自らの力で道を切り開くしかないのである。

【参考記事】:

関連記事一覧

error: Content is protected !!