いたずらに他人の感情を弄ぶと恨みを買う

人間の感情には注意が必要

私たちが生きていく上で注意すべきことは、人の感情を弄ばないということです。
これは、基本としてぜひ身に付けておいてください。

他人の感情にいたずらに踏み込まない

人間は感情の生き物です。
ですから、いたずらに感情を弄ぶと恨みを買います。

他人の恨みを買うと結果として、必ず身を滅ぼすことになります。
そこには、正しいとか正しくないとか、良いとか悪いという基準はありません。
感情は理屈ではないのです。

だから、他人の感情には、絶対に踏み込まない方がいいです。
興味本位やいたずらに、他人の感情に踏み込むとかなり危ないです。

一度、これを犯してしまうと、もう取り返しはつきません。
どんなに、謝っても恨みは残ってしまうのです。

恨みはあなたを滅ぼす

一度買った恨みは、激烈な形で報復へと向かいます。

それはどんなに親しくても関係ありません。
たとえ夫婦や恋人、親兄弟でも同じです。

ましてや、他人の場合はなおさら容赦がなくなるものです。

『菜根譚』に次のような言葉があります

「小さな過失は咎めない、
隠し事は暴かない、
古傷は忘れてやる。
他人に対してこの3つのことを心がければ、
自分の人格を高めるばかりでなく、
人の恨みを買うこともない。」

なんとも、含蓄のある言葉です。

私たちは、注意深く生きていかなければ、意識しないうちに恨みを買ってしまうことも多いものです。
ぜひ、この3つは心に留めておきたいものです。

人間について学ぶ

私たちが、生きていく上で、やはり知っておいたほうがいいのは人間についてです。この、人間についての理解が深まれば、いろいろな問題は解決していきます。

では、どうやって学ぶか?

私のおすすめは、古典です。

このブログなどでも時々引用しますが、特に中国の古典には、非常に多くの示唆に富んだ内容があります。
「老子」「荘子」、ビジネスの戦略だったら「孫子」もいいです。

ここで引用しました「菜根譚」もいいです。(・∀・)

あと、仏教もおすすめです。(ただし、宗教としてではありません)
日本でしたら、「葉隠」などもお勧めします。

最近は、欧米から入ってきた心理学もどきのものが多いですが、むしろ、これらの古典の方がより深いものが多いです。

欧米のものは、キリスト教的哲学が原型にあります。
もともと日本人には、あまりなじみがありません。
そして、その違和感が、現在の閉塞感を生み出す一つの原因ともなっています。

しかし、これからの時代は、その先にあるものが重要になってきます。
機会を見つけてぜひ、こうした古典を読んでみてください。

そこに、多くのヒントを見つけられると思います。

関連記事一覧

error: Content is protected !!