自分の人生を決めるのは自分自身

あなたは自分の為に生きているか

周りがどうであれ。自分の人生の行き先を決めるのは自分自身しかいない。しかし、多くの人が自分自身のために生きていないのだ。人生は決して長くない。やりたいことを手控えて思い迷い、あれこれと悩んで相談ばかりしていれば、あっという間に、時間は無くなってしまうことになる。自分の人生を、目的の方向へ導くために、今この瞬間から、少しずつ変えることはできるはずだ。(内田游雲)

人生の行き先を決めるのは自分

自分の人生の行き先を決めるのは自分自身しかいない。

もちろん、一晩で、行き先をすべてを変えることはできない。船の方向を変えるときに、いきなり向きを変えることはできない。無理にそんなことをしたら、転覆してしまうだけだ。ただ、自分の人生を、目的の方向へ導くために、今、船の向きを少しずつ変えることはできるはずだ。

例えば、演劇がやりたいのに、経済的な責任があるために、「まともな仕事(これ絶対に言われます!)」に付かなければならない場合でも、アマチュア劇団に参加すれば、望みをかなえることはできるだろう。

もし、あなたの時間が「会社員」と「夫」、「妻」、「父親」、「母親」といった役割だけで費やされているのであれば、ぜひ、自分のための時間を持つようにすることだ。

もう一つの夢を追及するための時間を作るようにすることだ。自分の為に行動することは、決して自分勝手なことではない。

まず自分を一番大切に扱おう

私の娘が通った学校の校門には、聖書の言葉がこう書かれている。

「心を尽くし、精神を尽くし、
力を尽くし、思いを尽くして
あなたの神である主を愛しなさい
また、隣人を自分のように愛しなさい」

(ルカによる福音書10章27節)

ここには、 「自分の代わりに隣人を愛する」とか、「自分よりも隣人を愛する」とは、決して書かれていない。まず最初に、自分自身を、神と同じように大切にあつかえと書いてあるうのだ。

多くの人は、ここを間違えている。

自分の為にまず生きる

自分の為に何かをする時間を、絶対に持つようにすべきである。

もし、今、憂鬱になるような仕事についているのなら、方向転換の計画を立て始めることだ。これは、たとえ今、あなたがどのような仕事をしていたとしても同じだ。

もちろん、そのためには、もう一度勉強する必要があるかもしれない。それでも、毎日、憂鬱な思いをしながら過ごしていたのでは、あなたが一番可哀そうなのだ。

ほんの少しばかりの勇気が欠けていた為、多くの才能がある々が一生成功を成すことなく人生を終えている。思い切って着手する勇気がなかったために、一生無名に終わった、大勢の人々が、毎日、墓場へ送られているのだ。

寒さや、危険を恐れて、ぼんやりと、立ちすくんでいてはダメだ。思い切って飛び込んで全力を尽くして泳いでいくことだ。

忙しい現代では、やりたいことを手控えて思い迷い、あれこれと相談ばかりしていれば、あっという間に、時間は無くなってしまうことになる。

だから今、この場から始めるべきなのだ。

関連記事一覧

error: Content is protected !!