誰からも好かれたいと思って行動するとかえって嫌われたりする

誰からも好かれる必要はない

誰からも好かれようとすることはない

そもそも嫌いな人に
好かれるのは迷惑でしかない

しかし、多くの人が
誰にでも好かれることが
いい事だと勘違いしている

誰にでも好かれるということは
当たり障りのない
人間だということだ

それでは何の個性もない
人間になってしまう

自分というのは世の中で
たった一つの存在である

自分らしく生きることが
本当の魅力的な人間なのだ

自分らしさを出せばいい

人はつい全ての人に好かれたいと思ってしまうものだ。それがあたかも自分の価値のように思えてしまうのだ。しかし、それは幻想である。誰からも好かれようとすると、八方美人と思われて、かえって嫌われるようになる。

そもそも、嫌いな人に好かれても、迷惑なだけだ。ましてやその嫌いな人に追いかけられることは、ストーカーに合うことと同じで、迷惑どころか、危険すら伴ってしまう。

どのみち、世界中の全ての人に好かれることなどありえない。だったら無理して好かれようとはせずに、自分らしさを出せばいいだけなのだ。

そのほうが、自分本来の魅力が出てくるものである。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!