反省は知性で評価すること、後悔は感情で判断すること

後悔とは感情で判断すること

人は、誰でも失敗をする
これは仕方がないことだ

この時に、感情で自分に怒り
後悔すると、その後悔が
また感情を駆り立てることになる

駆り立てられた感情は
今度は怒りに変わてしまう

怒りに変わった感情は
自分や周囲を傷つけ
さらに失敗を大きくしていく

失敗した時には、感情ではなく
理性や知性で評価をし
次に失敗しないようにすることだ

こうすることで、失敗を糧に
人は進歩していけるのである

失敗は成功する為のステップ

人間は、誰でも失敗をしてしまう。そもそも、失敗をしない人間など、この世には存在しない。それよりも、問題は、失敗した時の態度なのだ。

できる限り、失敗を後悔し悔やむのではなく、そこから、何かを学び次につなげることだ。こうすれば、失敗は失敗ではなく、次の成功の為の階段になっていく。

次の成功への糧になれば、失敗はもはや失敗ではなく、成功する為のステップになるのである。
全ては、自分の考え方一つで決まるのだ。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!