奇跡とは可能性の中で極めてまれに起こる出来事をいう

奇跡は極めて稀に起こる出来事

奇跡というと
神とか天使とかという
超自然的な存在を
考えてしまいがちです

しかし、奇跡というのは
絶対にありえないことが
起きることではなく
可能性の中でまれに
起こることなのです

人間は、不安を持つ生き物で
どうしても、超常的な力を
信じたくなります

しかし奇跡は
あくまで可能性の一部です

だから、その可能性に向かって
努力した結果として
奇跡が起こるのです

奇跡は情熱と行動が鍵になる

奇跡とは、極めてまれに起こることです。しかし、これは自分一人が起こそうとしても、なかなかできることではありません。

周囲の人の力を借りてはじめて奇跡は起こります。誰かがあなたの為に動いてくれて、はじめて起こるのが奇跡なのです。

奇跡を単なる奇跡と捕らえるのではなく、その、原動力となった人間の情熱と行動に目を向けてみてください。そこに、奇跡の本当の姿が有るのです。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!