長所は短所に変わる

全ての物事には
必ず両面が存在する

例えばコツコツ粘り強く
物事に取りくむことができる

こうした特質は時に融通が利かず
無駄な努力に陥りがちになる

また常に学ぶ努力を怠らない人は
逆にあちこちに目が行き過ぎて
一つの物事に徹底して
取り組めなかったりする

どちらにしても良い部分と
悪い部分があるのだ

だから常に客観的な視点をもち
第三者からの目のように
自分を判断することだ

どのような特質であっても
必ず両面が存在することを
しっかりと意識しておくと
落とし穴に落ちにくくなる

ピンチとチャンスは同時に存在する

どのような物事にも、プラスとマイナスが同じだけの量が必ず存在しています。
つまりピンチとチャンスは同時に存在しているのです。

だから、そのどちらの面を捉えるかによって、物事への見方が全く正反対になっていきます。

長所と短所も同じです。

マイナスの面を捉えれば、それは短所ということになりますが、プラスの面を見れば、それは長所なのです。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!