自分の欲しい物を何度も唱える

目標を達成する為には毎日望みを確認する

結果を出すためには、行動が重要ですが、その行動を起こさせる原動力が、自分自身の心の奥底の部分にあります。

まずは、自分の望みを書き出し、何度も声に出して読んでみてください。できる限り毎日、自分の望みを再確認するのです。

そうしないと、人間の心には、残念なことに時のホコリが積もってしまい、望んでいたことを徐々に忘れていってしまうのです。

目標を達成する為に必要な方法

目標を達成するための方法一つに、
「毎日、自分の望みを確認する」
ということがあります。

人間というのは、誰であれ、日々多くの出来事に影響されていきます。そこには自分の望むことの、反対のでき事も数多く起きています。そんな中で何もしないでいたのでは、最初は明確だった自分の望みが、徐々にぼやけてしまうのです。

最初は
「よ~し、絶対○○になるぞ~」
と思ってテンションアゲアゲでいたはずなのに、いつの間にか、誰もが元の状態に戻っているものなのです。

そこで、毎日自分の望みを確認するということは、あなたの人生に変化を起こす上で、最も効果のある方法の一つになる訳です。

自分の夢を毎日確認する

やり方は簡単で、自分の欲しいものを紙に書き、声に出して読んで、何度も確認してみてください。その場合、現在形(私は~だ。私は~を持っている。私は~をしている)を使うようにするのです。

自分の望みを声に出して確認することで、自分が望みの物を手に入れると信じていることを、何度も表明することになるのです。

ここで大事なのは、声に出すということです。なぜなら自分の声を、最もたくさん聞いているのは自分自身です。自分の出した声を耳から聞いて、再度インプットするのです。

普段から、口に出す言葉は、自分が一番多く聞いています。
だから、口に出す言葉は、知らず知らずのうちに自分自身に大きな影響を与えるのです。

鏡を使ってみる

さて、さらにおすすめなのが、この時に、鏡を使うことです。

鏡の中の自分に向かって、自分の欲しいものを何度も唱えます。(ここでも現在形で)これは、視覚的情報も使って、自分自身に語り掛け、まるで自分の声を第三者の声のように感じさせる効果があります。

ただし、鏡を使って自分と向き合うと、最初は少し気分が滅入るかもしれません。なんか、変な気分がしてきますが、しかし、そこでへこたれずに続けることで、結果につながってきます。

特に、毎朝、顔を洗うために洗面所で鏡に向かえば、かんたんに習慣化することができます。

もちろん、結果を出すためには、行動が重要ですが、その行動を起こさせる原動力が、自分自身の心の奥底の部分なのです。

とにかく、自分の望みを書き出し、何度も声に出して読むのです。こうしてできる限り毎日、自分の望みを再確認していきます。そうしないと、人間は、残念なことに時のホコリが積もっていき、望んでいたことを徐々に忘れていってしまうのです。

だからこそ、こうした確認が目標を達成するために必要なことなのです。
ぜひ、毎日の習慣となるまで続けてみてください。

関連記事一覧

error: Content is protected !!