失敗したときには「何故だ」となやむより「次にどうするか」を考える

失敗したときは次にどうするかを考える

人間は誰でも失敗をする

失敗をしない人間は
この世にいない

問題は、失敗した時の態度だ

失敗を後悔し悔やむのではなく
そこから、何かを学び
次につなげることだ

こうすれば
失敗は失敗ではなく
次の成功の為の階段に
なっていくのである

全ては、自分の考え方で
決まることになる

失敗が多いくらいが丁度いい

人生の中では、仕事だけではなく、それ以外の事であっても必ず失敗がある。これは、全ての人が同じだ。そもそも、失敗しないということは、行動そのものをしていないということだ。それはむしろ、失敗することより悪いことなのである。

だから、失敗するよりも、いっぱいしないことのほうが問題なのだ。ただ、同じ失敗するにしても、なるべく最初のうちに失敗したほうが傷が小さい。だから、最初のうちは、むしろ、たくさん失敗する法が良いのである。失敗が多いということは、そこから学べるものも大きいということだからだ。

特に年齢の若いうちは、あるいは経験の少ないうちは、失敗が多いくらいが丁度いい。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!