心の痛みは気持ちを切り替える為のシグナルである

痛みは切り替えるシグナル

何となく心がスッキリしない
気分が明るくなれない
楽しい気持ちになれない

こうした時は自分の心の中に
負の感情を持っている証拠である

この段階では自覚が無いが
これがだんだんと大きくなっていき
怒りで感情を爆発させたり
健康を損ねたりする原因になる

こうした時には
問題が芽生えていることを知り
心の中にある問題を
探ってみることだ

問題が小さいうちは対処も簡単だ

大きくなってしまうと
手のつけられないような問題も
小さな芽のうちに摘んでしまえば
なんてことはないのである

負の感情に気づいて解消する

私たちは生きている間に多くの経験をし、その感情の記憶に影響されていきます。
特に、嫌だったこと、失敗したことなど、負の感情は心からなかなか離れないものなのです。

しかし、たとえ、どのような不幸な過去であっても、今のあなたを傷つけることは絶対にできません。
しかし、人間は、自らその過去を思い出し悩み、反芻して、自分から不幸になっていくのです。
こうして過去の感情が積み重なって問題化していきます。

人間というのは、どうしても楽しい記憶や成功した記憶より、辛かったこと、恥ずかしかったこと、失敗したことなど、こういった記憶の方が強く心に残ってしまいます。

さらに、僻(ひが)み、妬(ねた)みといった感情が、自分自身をも傷つけ、不幸な運命を引き寄せ、さらには仕事の業績までも悪化させていきます。

こうした負の感情に気づいて解消することが大事なのです。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!