自分が正しいという思い込みを捨てる

正しいという思い込みを捨てる

怒りの原因は
自分が正しいという
思い込みからきている

他人を責める気持ちが生じるからだ

正しいとか正しくないというのは
相対的な価値観だから絶対ではない

しかし人は自分の価値が絶対だと
勝手に思い込むのだ

そこから人を責めたり
何もしてくれないという
怒りが生じることになる

この怒りが多くの問題を
引き起こしていくことになる

原因となる自分が正しいという
勝手な思い込みを捨てることだ

怒りに囚われることがなくなる

絶対に正しいことは存在しない

世の中の争いごとのほどんどが、自分は正しいという思い込みから始まります。
自分が正しいと思うと、他人を裁くようになります。
自分が正しいという価値観は、どうしても他人への断罪になりやすいのです。

そもそも、ものごとの正邪を決める 物差しなど存在しません。
正邪は時代や宗教などその世界によって変わります。

だから、すべての面から見て絶対に正しいことなどこの世界には存在しないのです。
こうした曖昧な正義を振りかざすことで、雰囲気を台無しにしたり、そのまま自分に跳ね返ってくることになるのです。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!