反抗的な態度とは劣等感の裏返しである

反抗的態度は劣等感の裏返し

人間の感情の中で
最も厄介なのは劣等感だ

劣等感を持つと他人からの意見や
忠告を素直に受け入れられず
反抗的な態度を無意識に取ってしまう

これでは本来変われるはずの機会や
新しい知識を受け入れることなく
周囲の人からも嫌われていく

さらに厄介なことは
劣等感の原因が過去の教育や
経験に根ざしていて自分で気づけず
一瞬にして感情を爆発させることだ

感情的になってしまったら
冷静に自分の中の劣等感を
探してみればいい

そこに感情的にさせる
原因が潜んでいる

他人と比較することは無意味

完全で最高の人間は、この世の中に存在しません。
だから、すべての人が誰かと比べて必ず劣等感を抱きます。

現代社会において自己劣等の感覚は、全ての人が抱えている衝動です。
全員が勝とうと思っているのですから、誰も自己劣等の衝動を癒してくれないからです。
その結果として、すべての人間が、劣等感をいくつも上塗りされ、自分自身の存在意義に対して疑問を持つことになってしまうのです。

しかし、自分より上の人間は、数多くいるし、下の人間も数多くいるのです。
他人と比べる愚に気がつけば、劣等感は自ずと消えていきます。

そもそも他人と比較することなどは全く無意味なのです。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!