無理をして格好をつけたり装ったりするといつかそのギャップに苦しむことになる

無理をして装っても苦しむことになる

周りからよく見られたいと
誰もが思っている

しかしそこで自分以上の
姿を装ってしまうと
後で現実とのギャップが
埋められなくなる

理想を描いて
そのふりをするのもいいのだが
やりすぎると今度は落差で
自分を縛ってしまうのだ

結局、ありのままの自分でいることが
一番スムーズに人生を
送ることができる

いくら外見を装っても
中身を育てなければ
まったく意味が無いからである

ありのままのほうが評価をされる

人の評価の80%は外見で決まります。
それは、他人にとってだけではなく、自分自身にとっても同じです。
きちっとした格好をしていると、だんだん自信が付いてくるし、ボロボロの格好をしていると、どんどん自信を亡くしていきます。

しかし、自分の力以にの無理して装ったものは、必ず見透かされてしまうものです。
きちっとした格好は大事ですが、自分以上に大きく見せようとか、無理をして格好をつけたとしても、かえって、評価を落とすだけで、良いことがありません。

それよりも、ありのままの自分の姿を目指すほうが、精神的にも楽だし、周りからも評価をされるものなのです。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!