少しでも疑念や迷いが生じたときはあせって行動せず待ってみよう

疑念や迷いが生じたときは待ってみる

人間の心は、正直なもので

「なんとなくスッキリしない」

あるいは

「ちょっと変だな?」

こう感じたときは、その直感が
正しいことが多いものです

だから心が少しでも
躊躇するときは
焦らずにじっくりと
考えてみるほうがいいのです

少し時間がたてば、冷静に
物事を判断できるようになるし
真実の姿が見えてくるものです

気分や感情はバロメーター

何かの決断や行動をするときに、参考になるのが自分自身の心です。

「なんか違う気がする」

こういった気分のときは、すぐ行動するのではなく、少し時間を置いてみることです。そうすると、案外正しい道が見えてきます。

気分や感情は判断のバロメーターなのです。

だから、冷静になって自分の心に従ってみてください。そうすることで、失敗することが少なくなります。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!