他人のせいで不幸になったり幸福になったりするのではない

人生の幸・不幸は自分が決めている

人生の幸・不幸は
結局、自分が決めている

世の中で起きるすべての出来事には
幸福・不幸といった色は付いていない

物事に幸・不幸といった
色を付けているのは自分自身なのだ

他人が何かをしたから幸福になった
あるいは不幸になったなどと
いうことは無いのである

すべては、自分が
どう受け止めたかだ

だから、不幸になることも
幸福になることも自分次第だ

幸福になりたい人は
幸福になればいいし
不幸になりたい人は
不幸になれるのである

ところが人間は横着な生き物で
すべて他人のせいにしたがる

なぜなら、そのほうが楽だからだ

しかし、それでは周囲に
振り回されるだけで
結局、幸福にはなれないのだ

幸・不幸とは
すべて自分の中にあるからだ

不幸や幸福は実在ではない

不幸というのは自分の中で、自分は不幸だと決めている場合が多いものである。しかし、本来物事には、不幸も幸福もない。

ものすごい不幸だと思うことも、見方を変えれば、幸運だったということもある。不幸と幸福は、同じだけの量が同時に存在するのだ。

不幸や幸福とは、あくまでも自分自身の心が作り出す価値観であって実在ではない。つまり、物事の幸不幸は、心の持ち方一つで変わるものなのである。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!