お金が足りないのは頭を使っていない証拠

借金のことばかり考えないほうがいい

多くの人が人生において、最も頭を悩ませているのが借金である。しかし、借金の苦労は、言い換えれば、幸福の役に立たない無駄な努力だ。だから、いつまでも借金のことを考えることは止めることである。借金があるのであれば、なるべく早く返済をすることだ。頭の中が借金の返済でいっぱいなうちは、何をやってもなかなか上手くいないものだからだ。(内田游雲)

借金の返済は収入の20%に抑える

多くの人が人生において、最も頭を悩ませているのが借金だ。しかし借金にいつも頭を悩ませているのは、あまりいい方向性ではない。

借金の返済をいくら頑張っても、それは、人生の繁盛にはつながっていかない。借金の苦労は、言い換えれば、幸福の役に立たない無駄な努力なのだ。そうはいっても借金が返せなければ破産してしまう。無駄だけどやらなければいけないのだ。

残念なことに、あなたに借金があるのであれば、なるべく早く返済をすることである。これには、クレジットカードの残高も含まれる。

もちろん借金をすることがいけない訳ではないが、借金が大きくなると生活を圧迫させ、お金を稼ぐために必要な余裕が無くなってしまうことになる。

また、借金はエネルギー的にはマイナスなので、稼ぐというプラスのエネルギーを相殺してしまいやすいのだ。だから、返済が収入の20%を超える場合には、交渉して返済計画を立て20%以下にしていく。逆に、今現在の返済が20%以下の場合は、収入の20%までを返済するのだ。

いつまでも借金のことばかり考えない

ただし、いつまでも借金のことを考えることは止めることである。

借金の返済は一度計画を立てたら、あとは機械的に返済していけばいい。そうすれば、気がつくと借金がなくなっていることに気づくだろう。ところが、頭の中が借金の返済でいっぱいなうちは、何をやってもなかなか上手くいないものなのだ。

だから、基本的に借金をすることは望ましくない。ただし、一部の例外を除いては。この一部とは、その借金が投資に必要な場合だ。投資といっても、株とかFXや暗号資産のようなものではない。知識、スキルに対する投資だ。なぜなら知識やスキルはそのタイミングでしか身につけられないことが多いものだからである。そうした知識やスキルが必要になっている状況を打開するには、どうしても投資が必要になる。

さらに知識やスキルに投資した場合にだけ、かなりの高確率で大きなリターンをもたらす。だから、この場合のみ借金もやむをえないと考えることもできる。これが唯一の例外である。

ただし、それも計画的に行う必要がある。あくまでも、返済が収入の20%の枠に入るように計画すべきなのだ。

借金せずに残ったお金で生活をする

この借金についての話は、重要なことだから、今借金がある人は必ずやっておくことだ。こうすること、あなたの収入は自然と増えていくことになる。

とても単純なことなのだが、まず、収入の10%を貯蓄して急な出費に備えておく。次に、収入の20%を借金の返済にあてる。そして、残った金額で生活をしていく。

大事なのはこの順番だ。

(1)まず貯蓄
(2)そして借金の返済
(3)残りで生活

それでは、お金が足りないと思うのは、頭を使っていない証拠か、既に借金の影響で生活が破綻している可能性が高い。とにかくこれを守っていくことだ。

個人でも予算を立てて生活する

お金に困る人の特徴として、総てがどんぶり勘定なことがあげられる。今の時代だから、収支をつけることはパソコンやスマホで簡単にできるはずだ。

それだけではなくて、予算を立てて生活をやっていくことを考えて欲しい。これまで生活をしてきたのだから、年間の収入や支出、借金の返済額などはスグに分かるはずだ。これが判れば、まず年間で予算を決めて行く。年間が決まれば、これを月割にしてみれば、月間の予算が明確になるだろう。

ただ、これをやるだけで、驚くほど生活の状態が見えてくる。そして、そこからどうしていけばいいかも見えてくるのだ。

借金の返済や貯蓄だけではなく、将来に向けてどのように投資していくのか。特に、必要な知識を学んだりスキルを身に着けるなどの計画を立てていくのだ。

人生というのは最終的なところは数字である。だからこそ、スタートも数字(つまり予算)から始める必要があるのだ。これができていけば、借金で悩むことも少なくなっていく。

さらに、時間とともに貯蓄もふえていき、生活が安定化していくことになるだろう。

関連記事一覧

error: Content is protected !!