お金は過去ではなく未来の為に使う

人生を左右するお金の使い方

お金の使い方には二通りあります。

一つは過去に使うこと。
もう一つは未来に使うことです。

物事を成功させるための重要な方法は、とにかく未来に向けてお金を使うことです。

例えば、食費はどうでしょうか?
これは、身体を維持し、健康を保つ為のものですから、未来に向けてのお金の使い方です。

しかし同じ食費でも、豪華な食事をすることは、未来へ向けてのお金ではありません。
体の事だけを考えれば、質素な食事であっても十分なのです。

お金を使う目的を明確にする

しかし、これがビジネスチャンスの会食であれば、未来への投資となっていきます。
このように、お金を使う目的で、使うお金の意味が変わっていくのです。

成功するための、あるいは人生が上手くいく為のお金の使い方は、目的をもって使うということです。
ただ、何かが欲しいからお金を使うのでは、成功には程遠いのです。

お金を使うことで、どんな価値が自分にプラスできるかが重要になります。

ただ自分の楽しみの為だけに、旅行したり、美味しい物を食べたりすることに、それほどお金をかける価値はありません。

しかし、勉強になるなら、いくらかかろうが、どんどん自己投資をするべきです。

自分が成長するためにお金を使うことが一番です。
例えば、本を買ったりセミナーを受けたりすることです。

しかし、

「頑張ったから、自分へのご褒美で欲しかったブランドのバッグを買う」

このようなお金の使い方をする人が非常に多いのですが、これでは、まず、上手くいきません。
こういった、お金の使い方は、過去に向いているのです。

昔の自分を褒めて、満足するためにお金が使われている状態です。

「ご褒美があればエネルギーが出てさらに頑張れる」

こういう人が時々いますが、実際のところ、それは欲しいものを買うためのこじつけであって、何の効果もありません。

今、そこまで高いものを購入する必要が無ければ、お金を使わなくていいのです。
しかし、「今、使うべきだ」と判断すれば、惜しみなく使うべきです。

大事な事は、お金を消費するのではなく、常に、投資として未来の為にお金を使うのです。

生き金を使うこと

昔の人がよく言っている

「生き金を使う」

ということです。

これを日頃から行っていれば、その積み上げが大きなものとなります。

自分が成長するために「生き金」を使うということが、とにかく一番大事だということを常に意識をしていってください。

常にお金を浪費してしまっていては、いざという時、「生き金」を使いたくでも使えない状態になってしまいます。

これでは、いつまでたっても上手くいきません。

1円でもお金を使う時は、それが「生き金」かどうかを判断して、使うようにしてください。
こうしてお金を大事にしていけば、お金のほうがあなたに応えてくれるようになります。

関連記事一覧

error: Content is protected !!