お金に縁のない人は「障害」が見えている

決断し行動を起こす

成功する人の特徴は、常にチャンスを見逃さず、危険を冒す心の準備ができているということにある。成功する人には、「チャンス」が見えている。一方で、お金に縁のない人には、「障害」が見えているのだ。自分自身にも、自分の能力にも自信がないから、事前に全てが判っていなければ行動を起こせないといつもまでもグズグズしている。一般的にいえば、見返りが大きいほど、リスクも大きくなるものである。だから、「障害」に目が行くと、余計に動けなくなってしまうのだ。(内田游雲)

もしうまくいかなかったらどうしよう

以下の記事で、決断することの重要性について書いている。

【参考記事】:

では、次は決断したら、まず何をするかだ。ここで、迷ってしまって、足が止まる人が多い。

なぜそうなるかというと、これには物事の見方が影響を与えている。同じことであっても、成功する人には、「チャンス」が見えている。一方で、お金に縁のない人には、「障害」が見えているのだ。

その結果、お金に縁のない人は、失敗という恐怖に駆られて選択してしまう。つまり、行動しないという選択をだ。

彼らの考え方の基本は

「もしうまくいかなかったらどうしよう」

であり、最初から

「うまくいくはずもない」

と諦めてしまうことも多いのである。

もう少し楽天的に考える人でも

「うまくいくといいな」

位に思っている。

一方、成功する人は、

「絶対にうまくいく。うまくいかせて見せる」

こう考えながら行動している。

一般的にいえば、見返りが大きいほど、リスクも大きくなるものである。だから、「障害」に目が行くと、余計に動けなくなってしまうのだ。

計算されたリスクを取る

成功する人の特徴は、常にチャンスを見逃さず、危険を冒す心の準備ができているということにある。たとえ、最悪の結果に終わっても、いつでも挽回できると信じているのだ。

しかし、反対に、お金に縁のない人は、失敗することを予想している。それは、自分自身にも、自分の能力にも自信を持てないからだ。もし、万一失敗したら、取り返しのつかないことになると勝手に思い込んでいる。

常に障害ばかりが見えてしまうので、危険を冒すことができないのだ。いつも安全第一なので、当然、見返りも得られない。

知っておいて欲しいのは、危険を冒すことが必ずしも失敗につながる訳ではないということである。冷静に、計算されたリスクを取ればいいだけだ。

そのためには、事前に綿密に調査し、評価し、確実な情報と事実に基づいて決定を下せばいいだけのことなのである。

チャンスを探し続けている人々

お金に縁のない人は、

「チャンスを探している・・・」

そう口では、言っているが、実際には立ち往生しているだけだ。

怖がるばかりで動けず、何ヶ月、時には何年も足踏み状態でいる。その頃には、チャンスは、どこかへ行ってしまうだろう。成功したければ、何かを購入するか、何かのビジネスを始めるか、とにかく決断し行動を起こすことが必要なのだ。

お金に縁のない人は、自分自身にも、自分の能力にも自信がないから、事前に全てが判っていなければ行動を起こせないといつもまでもグズグズしている。

「起こり得るすべての問題を考慮し、
 その対策が判るまでは何もできない」

こう言い訳しながら、何もせずに時間ばかり経っていくことになる。何もしないから、もちろん成功するはずもないのだ。

さあ、あなたは、どうするのか?

関連記事一覧

error: Content is protected !!