幻想に浸って過ごしても意味が無い

お金を手に入れるためには結局どうすればいいのか

お金(経済的な成功)が絡むと「幸運」といった「運」を持ち出したがる。確かに「運」は経済的成功の要因の一つではある。しかし、それだけでお金持ちになれたり、成功できるなんてことは決して無い。幸運は、経済的成功の一要因ではあるのだが、それは常に「努力」とセットになっているのだ。だからまず、全力で行動し、努力をし続けることが必要になる。(内田游雲)

「お金を手に入れるためには、結局どうすればいいのか?」

おそらく誰もが一番知りたいのはここだろう。

どうも人は、お金(経済的な成功)が絡むと「幸運」といった「運」を持ち出したがる。

たとえば、身近に成功した人がいると、その人について

「あいつは運がよかった」

とか

「たまたま時流にうまく乗っただけ」

とか言ったりする。

「お金」は何らかの行動の結果

確かに「運」は経済的成功の要因の一つではある。しかし、ここで明確にしておきたいのは、それだけでお金持ちになれたり、成功できるなんてことは決して無いということだ。

「お金」は何らかの行動の結果であり、「お金」とはまさに稼ぐものなのである。

ここはとても重要なので、もう一度繰り返しておく。

「お金」は何らかの行動の結果であり、「お金」とはまさに稼ぐものなのだ。

何もせずに、ある日突然お金が天から降ってくるなんてことはありえない。何もせずにお金を楽に稼ぐというのは絶対にありえないのだ。

確かに幸運は、経済的成功の一要因ではあるのだが、それは常に「努力」とセットになっているのだ。だからまず、全力で行動し、努力をし続けることが必要になる。

この仕事は本当に儲かるのか?
自分にできる仕事なのか?

たとえ判っても判らなくても、ぐずぐず考えずに手を上げれば成功するチャンスを得ることができるかもしれない。そして、うまく行けば想像以上に儲かるかもしれないのだ。しかし、手を上げなければ、チャンスも儲けもゼロなのである。

行動するということは、最初の門を開けることだ。自分から働きかけなければ、門は絶対に開かない。「お金」を得たいと思っていても、行動と継続が伴わなければ変化は起きない。いつまでたっても今のままだ。だから今すぐに行動を起こすことである。

この行動だけが「お金」をもたらす。今を逃せば機会は無いのである。今を逃せば将来もチャンスが、巡ってくることは無いのである。

今の状況を次の手段として利用する

もちろん、何をするにしても、今の仕事や職場で活動するしかない。今の環境の中で、周囲の人々や状況に対して働きかけるしかないのである。あなたがどう望んでいるにせよ、今の立場でしか活動できないのだ。

今の職業や環境が、たとえ望ましいものでないとしても、職業や環境が整うまで行動を先延ばしにしようとは考えないことだ。

もしも今、将来のことだけを考えて行動しているのであれば、それも間違いである。今やるべきことだけを考えることだ。

成功法則などを学んだ人にありがちだが、望む将来をイメージしただけで結果を待っていても意味はない。それだけでうまくいくことは絶対にないのである。

お金持ちになりたいと考える人はたくさんいる。そのために瞑想やメンタルトレーニングをする人も多くいる。こういったメンタルトレーニングも瞑想もすばらしいツールではあるのだが、それだけでお金がもたらされることは絶対にない。

超自然的な方法やスピリチュアル的な手段によってあなたの力の及ばない人や状況に働きかけても効果は無いのだ。

しかし、多くの人が次のように考える。

「手っ取り早く金を儲けたい」
「楽して金を儲けたい」
「うまい話には飛び乗りたい」

そう考えているのである。

こうした考え方は、たいてい失敗に繋がり、誰かのカモになって転落していく。現実の世界で「お金」を得るには、実際に行動するしかないのである。だからむやみに夢想し、幻想に浸って過ごしても意味が無いのだ。

行動とは、「考えていること」と「現実の結果」をつなぐ架け橋である。だから、持てる力と知性のすべてを使って、今の環境に働きかけることだ。自分に合わない職業についているからといって、やる気をなくしたり、ぼんやりと嘆いてすごすのはよくない。

まずは、今の仕事の中で「活動」することである。今の状況を、次のステップへの手段として利用するしかないのだ。

恐怖に負けずに行動する

しかし、残念ながら多くの人が必ず行動をすることをためらってしまう。その原因は恐怖である。恐怖、疑念、心配は、経済的成功の前に立ちはだかる最大の障害となる。

これはすべての人が同じだ。なぜなら、脳には、繰り返しを好むという習性があるからである。間違いと判っていながらそれを繰り返す理由は、脳がそれを好むからだ。

繰り返しには安心感と慣れがあある。同じことを繰り返すのは、脳がその結果を知っているからだ。知っている未来は、安心感をもたらし、新しいものに対する恐れと手を組んで未来を邪魔をしていく。こうしていつまでたっても状況が変わっていかない。だから人は、なかなか行動できないのだ。

では、なぜ上手くいく人と上手くいかない人がいるのか?
人によって結果が違うのかか?

それは、恐怖に駆られながらも行動を起こすのか、恐怖を感じると行動しないかの違いである。私たちが犯しがちな最大の過ちは、恐怖心が薄らぐか消えるまで、行動を起こそうとしないことだ。恐怖を排除する必要はない。ただ、こうした感情に圧倒されないことだ。恐怖に向かってチャレンジし続ければ、少しづつ行動できるように自分自身が変化していく。

「恐怖に負けずに行動する」

結局これが、「お金」をもたらす唯一つの方法なのである。

関連記事一覧

error: Content is protected !!