多くの人達は今日のことよりも明日を気にする

明日のことを気に病まない

人間には想像力がある。この想像力がまだ起きてない未来を妄想し心配を起こさせる。誰もがなかなか行動できない理由がここにある。起きるかどうかわからないことに恐怖を感じて足がすくむのだ。人は過去の記憶に苦しめられ、未来を恐れおののくものである。しかし過去も未来も現実には存在しない。それは心の中にだけにあって現実に存在するのは今この瞬間だけなのだ。

error: Content is protected !!