人間関係の良し悪しとは自分が勝手に決めたことである

人間関係の良し悪しは自分が決めたこと

悩みの大部分を占めるのが
人間関係だといわれる

しかし、よく考えてみれば
この人間関係の良し悪しは
自分にとって都合が
良いか悪いかなのだ

つまり人間関係の良し悪しは
自然と決まるのではなく
自分の都合で自分自身が
決めているということだ

自分で決めた人間関係で
悩むのが人間の愚かさなのだ

悩みは自分が作りだしたもの

悩みの正体は、自分自身の反応です。

何かの出来事に対して、
「都合がいい」
「都合が悪い」
と、勝手に思った結果なのです。

これは、人間関係も同じです。結局、自分自身で決めたり感じたことであり、外部から訪れたものではないのです。

悩みは自分が作り抱いたものですから、結局自分自身でしか解決できないし、簡単に解決できるものでもあるのです。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!